間取り図でみる「平屋」の暮らし方 | シンワホーム 注文住宅・リフォームは北九州市小倉南区の工務店

間取り図でみる「平屋」の暮らし方

こんにちは!小倉南区の地元密着工務店シンワホームです。さて、今回は最近人気の平屋建て住宅についてご紹介したいと思います。平屋建てはマンションの良さも一戸建ての良さも兼ね備えた、子育て世代にも人気の高い住宅スタイルです。

ワンフロアで完結する暮らしやすさ

平屋の良さはなんと言っても、階段の上り下りがなくワンフロアで暮らしが完結することです。歳を重ねるほど大変になる階段の上り下りがないため、ライフステージが変わっても安心。無理なく暮らし続けることができます。

例えば、2階建てのお悩みで一番多いのが洗濯物の移動です。まず、物干し場が2階にある場合、1階で洗った洗濯物を2階まで干しに行かなくてはいけません。

また、1階で干す作業まで行えたとしても、2階にある主寝室や子ども部屋のクローゼットまで持っていくのも一苦労です。

その点、水平移動だけで暮らせるマンション同様、面倒な上り下りがない平屋は家事の負担が大幅に減るのです。毎日行うことだからこそ少しでも負担を減らしたいですね。

そして、家族みんなが同じフロアで生活する平屋建ては、コミュニケーションの機会が自然と増え、家族の一体感が増すのも魅力。キッチンで調理していても、お子さまや高齢の家族の気配を常に感じ取れるなど、みんなが安心して暮らすことができます。

タテ空間を活用できる!


家族の集まるリビングは広々とした空間にしたいと考える方も多いのではないでしょうか?その点、上階がない平屋建てなら、屋根の形状に合わせた勾配天井で、開放的な空間を演出することができます。高さを出せる勾配天井は実際の坪数よりも広く感じますよ。


タテ空間にゆとりがある平屋は、ロフトを設置して空間を無駄なく使うことも可能です。すぐに使わない子ども服のお下がりや、シーズンオフの季節物の保管などにも便利なロフト収納があると、普段の生活スペースをすっきり快適に使えます。

また、お子さんの遊び部屋や、ご主人の趣味の部屋などに使用するロフトも最近では多くなりました。

天窓設置も自由自在・家事動線の広がりもアップ♪

2階建てと違い、平屋はすべての部屋に屋根がついています。ということは、どこの部屋にも天窓をつけることができるということ。抜群の採光を確保できる天窓は、暗くなりがちな平屋の中心部の居室や廊下に有効です。そんな天窓がどこにでも設置可能となるのも、平屋ならではの魅力のひとつです。

最近は家事動線を優先した間取りが人気ですが、平屋であればワンフロアの家事ラクな動線に加えてタテ空間の広がりもでき、プランの幅が広がります。

マイホームを検討中の方は、平屋を選択肢のひとつに加えてみてはいかがですか?