失敗しないキッチンづくり ~シンワホーム事例集~ | シンワホーム 注文住宅・リフォームは北九州市小倉南区の工務店

失敗しないキッチンづくり ~シンワホーム事例集~

ところで皆さまはお家を建てるとしたら、どんなキッチンにしたいですか?みんなを笑顔にする料理をつくり、コミュニケーションの場になるキッチンは、お家の中心になる場所。だからこそ、我が家の自慢のスペースにしたいものです。そこで今回は、シンワホームで新築されたお施主さまのこだわりのキッチンをご紹介したいと思います。

キッチンから続く小上がりのダイニングスペース

まず、最初にご紹介するのは、真っ白い内装のSさま邸のキッチンです。生活スタイルをヒアリングさせていただき、最適なキッチンや間取りをご提案させていただきました。

大きな特徴は、広い対面キッチンの向こうに小上がりのダイニングスペースが続いていること。小上がりは掘りごたつ式で、足を伸ばしてくつろぎながら食事ができる上、こたつにすれば足元もポカポカ。冬場は特に嬉しい仕様です。

そして、キッチンからウッドデッキまで続く動線もSさま邸の魅力。掃き出し窓を開けて使えば、広いスペースでホームパーティーも。暮らしの幅がぐんと広がりますね!

★Sさま邸の詳しい記事はこちらから↓

URL https://sinwahome.com/menu/%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%a8%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8b%e7%99%bd%e3%81%84%e5%ae%b6

コミュニケーションも開放感も◎

次にご紹介するのは、Mさま邸のキッチン。「料理したものをすぐに出せて、子どもの宿題もみることができる開放的なキッチンを」。Mさまからはそんなご要望をいただきました。

採用したのは天端の広いペニンシュラオープンキッチン。リビングにいる家族ともコミュニケーションが取りやすいキッチンは、家事をきりもりする主婦(夫)の頼もしい相棒ですし、なんといってもオシャレですね!

しかし、ペニンシュラオープンキッチンには目隠しになる壁や立ち上がりがないため、カウンター上のものが丸見えになってしまうというデメリットも。常に整理整頓を心がけないと、オープンキッチンならではの良さが裏目に出てしまいます。

この点については、打ち合わせの段階でお施主さまにきちんとご説明し了解していただきました。メリットもデメリットも納得していただいたことで、後悔しないキッチンづくりができたと思います。

★Mさま邸の詳しい記事はこちらから↓

URL  https://sinwahome.com/menu/20180828

自分たちの暮らしにあった壁付きスタイル

Iさま邸のキッチンは広いリビングの壁面に設置した壁付きスタイル。キッチン後ろの空間を自由に使える間取りになっています。

当初は対面型キッチンも選択肢のひとつに考えていらっしゃったIさま。しかし、ご自分の生活スタイルを振り返るうちに、「使い慣れている壁付きスタイルのほうが落ち着きそう」という結論に。

家に自分たちの暮らしを合わせるのではなく、自分たちの暮らしに合った家をつくる。それができるのが注文住宅の最大のメリットです。

Iさまは壁面の窓からの眺めがお気に入りだそうです。壁面設置のキッチンは窓をつけることで手元が明るくなり調理がしやすくなる上、窓を開ければ外の景色も楽しめますね。

★Iさま邸の詳しい記事はこちらから↓

URL https://sinwahome.com/menu/%e8%90%bd%e3%81%a1%e7%9d%80%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e9%99%b6%e5%99%a8%e7%93%a6%e3%81%ae%e5%ae%b6

雑誌から飛び出したようなオシャレなスペース

家づくりのために、雑誌などから様々な情報を収集されていたNさま。「こんな色合いの壁紙にしたい」「こんな収納をつくりたい」「オープンスタイルのパントリーがほしい」など、ご自分のイメージに合う写真をピックアップされ、具体的なご要望をお伝えいただきました。

その他にも「照明やスイッチはアンティーク調のモノにしたい」などのご要望も。

自由設計のシンワホームでは、それら一つひとつのご要望に丁寧に向き合い、こまめにコミュニケーションをとりながら、お施主さまのイメージをカタチにしていきます。結果、カフェのようにオシャレなキッチンができあがりました。

★Nさま邸の詳しい記事はこちらから↓

URL  https://sinwahome.com/blog/20190404

キッチンを拝見すると、そのご家族の暮らし方が見えてきます。皆さまはどんなキッチンをつくり、どんな暮らしをしたいですか?皆さまのご要望をお聞かせください。