限られた敷地の平屋づくりをお手伝い ~家族の体温を感じる家~ | シンワホーム 注文住宅・リフォームは北九州市小倉南区の工務店

限られた敷地の平屋づくりをお手伝い ~家族の体温を感じる家~

最近では、若い世代にも人気が高まっている平屋住宅。1階部分で生活が完結する“暮らしやすさ”に加え、家族とのコミュニケーションを取りやすいことが、大きな魅力となっています。

「でも、敷地が広くないと平屋は無理じゃない?」と多くの方は思われるかもしれません。そこで今回は、シンワホームが提案する“限られた土地に建てる平屋のお家”についてお話したいと思います。平屋に興味がある方は必読です!

■本当に必要なものを見極めたら…!

いざマイホームを建てるとなると、「趣味に使える部屋がほしい」「広々としたリビングがほしい」など、夢は限りなく膨らむものです。でも、それをすべて1階部分でおさめるのは難しいのが現実。

そこで私たちが提案するのは、優先順位をしっかりつけることです。シンワホームではお客さまの暮らしをきめ細かくヒアリングし、プロの目線でアドバイス。何が重要で、何がそれほど重要でないかを見極めるお手伝いをさせていただいています。

お客さまの暮らしに本当に必要な「部屋数」や「広さ」などを知ることで、限られた敷地でも平屋住宅を建てられる可能性が広がります。

■上部空間を活かして開放感抜群!

本当に必要なお部屋だけにしぼってみても、お部屋の広さが十分でないと感じることがあるかもしれません。

例えば、「広いリビングがほしかったけれど、他の部屋との兼ね合いで手狭になってしまいそう…」というように。そのような場合は、リビングの天井を勾配天井にすることをご提案しています。

勾配天井とは、屋根の形状を活かして傾斜をつけた天井のこと。視線が上に抜けるため、狭めのお部屋でも実際よりも広々とした印象になるんです。空間デザインを工夫するだけで、開放感が出るうえオシャレ度もぐんとアップしますよ。

また、梁や屋根を支える小屋束をむき出しにし、屋根のすぐ下で天井を造れば、さらに開放感が生まれます。

■「○○がほしい」はロフト空間で。

「平屋でも収納スペースはたっぷりほしい」「普段使わないものをしまっておく場所がほしい」。そのような要望をお持ちのお客さまには、ロフト収納をオススメしています。

ロフトであれば、建坪面積はそのままに収納スペースをたっぷり確保。収納への不安や不満も解消され、スッキリ暮らすことができます。

また、プラスαの空間として活用することができるため、趣味の部屋や書斎などに使うのも良いですね。ちなみにロフトは天井の高さの制限を守れば延床面積に参入されないため、固定資産税の対象になりません。

シンワホームでは、「そこまで敷地は広くないけど、平屋を検討してみたい」など、お客さまのご要望・ご相談に真剣に向き合い、最適なプランを提案させていただきます。

生活動線がシンプルで暮らしやすい平屋住宅。マイホームの選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょう?

★平屋住宅については別記事でもご紹介しています。ご興味がある方はコチラをクリック!
https://sinwahome.com/blog/20190926