平屋で失敗しないために知っておきたいこと ~意外と知らない?明るさやコストのデメリット~ | シンワホーム 注文住宅・リフォームは北九州市小倉南区の工務店

平屋で失敗しないために知っておきたいこと ~意外と知らない?明るさやコストのデメリット~

こんにちは!小倉南区の地元密着工務店シンワホームです。1階だけで生活が完結する動線のシンプルさや、階段の上り下りがないことなどから人気のある平屋建て。最近では若い世代からも支持される建築スタイルですが、デメリットがあるのも事実です。そこで今回は、平屋を建てる前にぜひ知っておいていただきたいポイントをご紹介します。

広い土地が必要

当たり前のことですが、2階建てに比べ平屋はそれ相応の土地の広さが必要になってきます。平屋建てをお考えの方は、まずはその土地の建ぺい率を調べ、駐車スペースやお庭を含めたプランで、ご希望の坪数の平屋が可能なのかを検討しなければなりません。よくあるのは、先に土地を購入していざ家を建てる時、建ぺい率の問題などで、泣く泣く2階建てに変更せざるを得なくなるケースです。まずは土地選びを慎重に行いましょう。

室内の明るさは大丈夫?

当然のことですが、平屋建ての家は、お部屋を縦方向に重ねず、すべてワンフロアに配置したつくりです。そのため、2階建てよりも陽光が家の内部まで届きにくく、家の中心部ほど暗くなりがちになるというデメリットがあります。

そのためシンワホームでは、家の中心にあるLDKにトップライト(天窓)を設けたり、壁から出る庇(ひさし)の長さを調整するなど、平屋建てでも十分に採光できるよう工夫。お家のデザインや立地・方角、お施主さまの暮らし方などをトータルに考慮し、最適なご提案をしています。

実は、コストが割高に!

同じ坪数でも、平屋建てと2階建てでつくる場合、平屋建てのほうがコストがかかるということはご存知でしょうか?簡単に言うと、平屋建ては2階建てに比べて、家を支える基礎部分や屋根の面積が大きくなるからです。

「どうしても平屋建てにしたい。でも予算内でおさめたい」という場合は、コストを別の箇所で削る必要が出てきます。そこで大切になってくるのが、優先順位の見直しです。「子どもたちが巣立ったらこんなに広いLDKは必要ないかも?」「いずれ使わなくなる子ども部屋は無垢床じゃなくてもいいかも?」など、将来の暮らしを含めて再考すると、いろいろと気づくことがあるかもしれませんね。

しかしながら、自分自身の思い込みはなかなか修正できないのが現実です。そのため、信頼できる第三者の意見やアドバイスで広い視野を持ちながら、必要な部屋数や機能、設備などの優先順位をつけることが大切なのです。

シンワホームは皆さまの家づくりをプロの目線でお手伝いさせていただきます。「予算内で平屋をつくりたい」「自分たちのライフスタイルに合った平屋ってどんな間取り?」など、何でもお気軽にご相談くださいね!