比べてください!シンワホームのC値とUa値 | シンワホーム 注文住宅・リフォームは北九州市小倉南区の工務店

比べてください!シンワホームのC値とUa値

寒い冬でもぬくぬくと暖かい。誰もがそんな家に住みたいと思いますよね。そこで今回は、住まいの快適さのカギをにぎる断熱性と機密性についてお話したいと思います。ブレイクタイムにゆっくりお読みくださいね。

冬場の家の快適さは断熱と気密で決まる!

家は厳しい寒さから私たちを守ってくれるものですが、断熱や気密がしっかりと施されていないと、大変住み心地の悪い家になってしまいます。

反対に、断熱性・気密性が十分であれば外気の影響を受けにくく、快適に過ごせる環境となります。

暖かい家に住めばこんなに快適!

では、高気密・高断熱の家に住むと、寒い冬の日にはどんな暮らしができるのでしょう?

★寒い朝、ベッドから出るのもラクラク

★廊下やトイレに行っても体がこごえません

★冷暖房の使用が抑えられ光熱費コストも最小限でOK

★寒さの厳しい日でも家の中は薄着で過ごせます

★大きな吹き抜けがあっても寒さを感じません

★床下から伝わる外気による床冷えがありません

また、「冷えは万病の元」というように、冷えは健康の大敵です。例えば、室温差によって起きるヒートショック。これも高断熱・高気密の暖かい家に住むことで、そのリスクは大幅に軽減されます。また、最近の研究では、暖かい家で住んでいると脳年齢が若く保て、寒い家に住んでいると脳が早く劣化してしまうという報告もあるそうです。

断熱性や気密性を知るには?

このように、快適性や住む人の健康を左右する断熱性や気密性ですが、何か目安になるものがあると良いですよね。それを表す数値が、C値とUa値。C値はどれだけの隙間があるかを表した数値で、Ua値は、どれくらいの熱が外に逃げるかを表す数値。どちらも数値が小さいほど高断熱・高気密の家であることを示しています。

ちなみに、省エネ基準で定められたC値が5.0㎠/㎡に対し、シンワホームの家では0.5以下。Ua値に関しては、省エネ基準が0.87w/㎡・kのところ、シンワホームの家では平均0.6w/㎡・kという数値を出しています。

「暖かく快適な家に住みたい」「健康に住める家を建てたい」と思われる方は、ぜひ、気になる工務店やハウスメーカーの数値を比べてみてください。安心・納得できる家づくりをシンワホームは応援します。